ボトックスをエラに注射したら小顔になった?手軽に小顔になる方法

サイトメニュー

効果を持続させるには

医者

ボトックスを使ってエラが小さくなっても、効果が持続しなければ、意味がないですよね。そんな方の為に少しでもボトックスの効果を持続させる方法を紹介します。まず、ボトックスの基本的な持続期間は、個人差がありますが、半年ほどと言われています。半年ほど経ってくると小顔効果がうすれてくるので、持続させる為には完全に元に戻る前に施術に来るといいでしょう。最初の2回までは半年ごと、それ以降は1年毎でも小顔効果が持続する人も多いです。また、効果が薄れる前に施術すると、予防効果もあると言われています。そうは言っても打ちすぎると副作用が出る危険性もあるので注意しましょう。継続的にボトックスを打ちたい時にはしっかり医師に相談して、適切な量とタイミングを守って利用するようにしましょう。タイミングをなぜ医師に相談するかというと、毎回同じタイミングで打てばいいというものでは無いからです。まず、基本的にボトックスをうつ間隔は3ヶ月以上必要です。しかし、回を重ねるごとに効果の持続期間が長くなります。継続的に打ち続けると、2年間隔ですむようになります。一方で、ボトックスを繰り返すうちに、効果を感じにくくなってしまう方がいるようです。そのような方は、間隔を長く開ける必要があるので、打つタイミングはしっかり状況を見ながら判断する必要があります。ベストな状態を維持するためにも、医師としっかりタイミングを図るようにしましょう。また、ボトックスを打つ際の美容整形外科選びとして、保証制度があるところに依頼するのも一つの選択肢です。一定の期間経過しても効果が実感出来ない場合に、無料で注入してもらえるという医院もあります。持続や効果が心配であれば、このような医院を選ぶのもいいでしょう。また、ボトックスの製剤の中でも、持続性に優れたものがあります。それが、メルツ社(ドイツ)のゼオミンという製剤です。この製剤は、純度の高いボツリヌストキシン製剤で、継続的に打っても効果が下がりにくいことを強みとしています。なぜ、ゼオミンの効果が継続しやすいかというと、ボトックスの効果がなくなる理由が関係しています。ボトックスの効果がなくなるのは、ボトックスに対して、抗体が作られてしまうからです。しかし、ゼオミンの場合は、抗体を作る複合タンパク質がほぼない、純度が高いという製剤だからです。アラガン社のボトックスと違って、効果が現れるのがゆっくりですが、効果が下がりにくいので、継続的にボトックス治療をしたいひとにはおすすめです。しかし、費用がボトックスより割高となっています。

Copyright© 2019 ボトックスをエラに注射したら小顔になった?手軽に小顔になる方法 All Rights Reserved.