ボトックスをエラに注射したら小顔になった?手軽に小顔になる方法

サイトメニュー

デメリットを知ろう

注射器

ボトックスを注射する前にのデメリットを知っておきましょう。まず、ボトックスの効果を維持する為には定期的に打ち続けなくてはいけないということです。ボトックスは、筋肉を動かす為の神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を止める働きがあります。表情シワやエラの筋肉が動きにくくなります。その働きによって痙攣等の治療ではこわばりを消すことができるのですが、効果が強すぎてしまうと、脱力や痛み、発疹などの副作用がでることもあります。また、ボトックスの効果は永久ではありません。永久ではないので、効果がだんだんと薄れてきます。効果がなくなればまた打たなくてはいけません。他にも副作用が考えられるので、違和感を感じた際には医師に相談しましょう。また、副作用が出るか出ないか、思い通りの仕上がりになるかは、医師の技術にも左右されます。大規模な手術をしないので、どこでも変わらないと考える人も多いのですが、ボトックスはかなり医師の技量が出る施術です。なぜなら、ボトックスはねらった部位の表情筋に適切な量の製剤を注射することで、しわを除去したり、エラを小さくすることができます。表情筋は首から上に30以上もあるので、注射量を間違えるとかなり違和感のある顔になってしまうのです。効果が徐々になくなるとは言ってもかなりの期間、違和感のある顔ですごさなくてはいけません。ですから、ボトックスの効果について熟知していて、経験もある医師を選ぶことが重要です。安いからと言って安易に決めずに、しっかり調べておくことが重要です。また、ボトックスは様々なメーカーから販売されています。メーカーによっては安全性に心配があったり、効果がまちまちのものもあります。安定した品質と効果を実感したいのであれば、アラガン社のボトックスを使っている病院を選ぶのが安心です。

Copyright© 2019 ボトックスをエラに注射したら小顔になった?手軽に小顔になる方法 All Rights Reserved.